2006年08月19日

2006.8.3(木)「地域生活移行支援事業」利用者の共同声明

<転載>
===============================================
「地域生活移行支援事業」利用者の共同声明
2006年8月3日

 私たちは、都区によっておこなわれた「地域生活移行支援事業」を利用したアパート入居者です。
 現在、私たちのもとに、アパートの「契約終了通知」が届いてきています。東京都福祉保健局は「事業」の説明会で契約の「更新もあり」と説明していたのに、です。いま、この事業を通じてアパートに入居した1100名以上の仲間が、再び野宿に戻ってしまうのではないかと不安な日々を送っています。そこで私たちは、ここに共同声明を発表し、私たちの暮らしの中から、この「事業」の実態を明らかにし、「事業」そのものの抜本的な改善を求めたいと思います。
 この「事業」では野宿者の「地域での自立した生活への移行の支援」が目的とされています。しかし、この「事業」の「就労支援」は本当におそまつなもので、「就労自立」できる条件などほとんどありません。アパート入居後半年間限定で提供される日払いの臨時就労について、東京都は当初、平均して月6.5日程度の日数だと説明していましたが、現実には月に3日間程度しかまわってこなかったという仲間が大勢います。上野公園から入居した仲間にいたっては、1日しか臨時就労がない、という月すらありました。1日8000円の仕事が月に3日、24000円の収入でどんな暮らしができるのか想像してみてください。そのうえ東京都は、この臨時就労を実施する半年間に「就労自立」を目指してください、と説明していました。けれども、就職活動のためにハローワークに通う交通費をひねりだすどころか、食事を満足に取ることもできず、アパートから「炊き出し」に通わざるを得ないのが実情でした。仕事を探すにしても、最初の給料をもらえるまでの間の食費と交通費すらままならないのですから、「常用」といわれる月給制の仕事にはなかなか就けないのです。仮にやっとの思いで仕事にありつけたとしても、社会保険も厚生年金も退職金もなく、仕事の量が減れば真っ先に仕事を干されるか解雇される、という状況の、不安定で低賃金の仕事しかありません。また食うや食わずの生活が待ち受けている次第です。
 ほとんどの仲間がほんとうにぎりぎりの生活状態にあります。しかし、「生活困窮」を理由に生活保護の申請をしようにも、事業の受託団体の中には、ほとんど相談に乗ってくれないところもあります。意を決して相談に行っても追い返そうとする福祉事務所もあります。そんな状況の中で、アパートの「契約終了通知」だけが送られてきています。「3000円の格安アパートを提供」と華々しくうたわれた「地域生活移行支援事業」ですが、本当に食うや食わずの、暮らしとはいえない孤立した生活が待ち受けていたのが実態です。
 最後に、いま野宿をしている仲間たちのことです。東京都の建設局や区の土木課などは、私たちがかつて野宿していた場所を「新規流入防止」地区としてロープで囲っています。そして、「事業」を利用せずテントに残った仲間を追い出そうとし、寝場所のない仲間については、テントを新たに建てることはおろか、疲れた身体を横たえることすら許さない、という姿勢でいます。東京都によれば都内の野宿者は約4500名ということですが、その多くはテントのない、いちばんしんどい状況にある仲間です。こうした仲間を「事業」の対象からも外してひたすら追い立てるというひどいやり方に、東京都と23区が(かつての私たちも含め)野宿者をどんな存在とみなしているのかが端的に表れていると考えています。
 以下、私達は要求します。

(1)2年で終了という現在のアパート契約のあり方を見なおし、今後もアパートで暮らしていける保障を求めます。
(2)生活に困っている仲間について、生活保護制度の積極的な活用を求めます。
(3)臨時就労の充実を図り、「就労自立」できるだけの条件をととのえる新たな施策を考えていただきたい。
(4)「新規流入防止」措置も含め、野宿者の強制的な追い出しや追い立てをただちにやめていただきたい。


「地域生活移行支援事業」利用者有志
(戸籍名省略:計23名 2006年8月3日現在)


世話人: 後藤浩二 中島和之 中村光男(五十音順)
連絡先:
東京都荒川区西日暮里1-36-10 あうん(電話03-5604-0873)
東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館(電話03-3876-7073)
===============================================
<転載終わり>
posted by 全都実 at 02:19| ホームレス地域生活移行支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。