2006年08月29日

「三千円アパート事業」の問題点:東京新聞8/27

 東京新聞(8/27)の特報欄に「ホームレス地域生活移行支援事業」(いわゆる三千円アパート事業)の現状が報じられました。

================================================

 ホームレス遠い自立 『仲間また空き缶集め』

 公園で暮らすホームレスに月三千円の家賃で二年間アパートを提供し、自立を促す東京都と二十三区の「地域生活移行支援事業」。今月末で最初の期限を迎えるが、自立が決まったのはわずか。支援団体は「このままでは半数近くが路上生活に戻る」と危機感を強める。“青テントからの脱出”を狙った試みの行方は?

  記事内容はこちら

================================================

 この事業に付随して、対象公園での追い出しや嫌がらせが常態化するほか、小屋のない野宿者も新たに小屋を持てなくなっています。記事でフォローできていない様々な周辺状況も起こっており、ますます野宿者を死に追い込んでいます。事業の目的は、野宿者への社会保障の実現ではなく、公園からの野宿者の一掃であることは、既に明らかです。
 現在行われている対東京都連続行動は、これらの問題を明らかにし、野宿者の側にたった施策への転換を求めるものです。
posted by 全都実 at 09:12| ホームレス地域生活移行支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。