2006年12月10日

2006.12.10(日) 山谷・新たなとりくみ始まる

 都庁の仲間たちの闘いに東部圏でもこたえるべく山谷では、今日から、新たな試みがはじまった。まず土曜の隅田の寄り合い、そじて日曜の城北福祉・労働センター前のたきだしをそれぞれ先週で終え、今日よりセンター前で飯をたき、隅田公園でおかずを共同炊事でつくることになった。これは都庁で学んだこと、そしてそれと併行して桜橋で試行されてきた体験にもとづいている。
 午後3時、つきまやで作業がはじまるや、期待以上に多くの仲間が率先して、これに参加。サラダとウインナーソーセージ入りのあんかけをおかずに160名以上が一緒に飯を食った。
 また寄り合いでは、この間、連日にわたる浅草・新仲見世通りでの行政・商店主などが一体となったおいだしのひどさが報告され、これに緊急で取り組むことが確認された。 
 このあと、夜は上野で雑炊をくばりにでかけた。
 今日を第一歩に、東部圏で、都庁行動にこたえる闘いは新たなステップにはいった。近づく越冬をみすえ、さらなる団結をつくろう。
posted by 全都実 at 22:52| 全国での取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。