2006年12月14日

2006.12.12(月)都庁行動と恊働炊事

 12月12日(月)朝の都庁行動と夕方の恊働炊事が行われた。
 朝は寒さが増す中、50人以上の仲間が結集してマイク情宣とビラまき。ハンスト以降始まった仲間のマイクでの発言も完全に定着し、みんな自信を持って発言している。
 夕方の新宿中央公園のナイアガラの滝での恊働炊事は160人ほどの仲間が集まり、あんかけご飯を作った。具はカンパでいただいた白菜、ネギとアルミ缶の売り上げで購入したひき肉。
寄り合いでは浅草での排除が報告された。先週火曜日から金曜日までの四日間、台東区役所、商店街、警察の人々約30人が連日、新仲見世通りで寝ている仲間のところをまわり、たたき出したという。
 浅草で寝ている仲間にとっては新仲見世は、アーケードがあり雨をしのげる貴重な場所である。この冬の寒空の中たたき出すのは人殺しに等しい行為である。
posted by 全都実 at 00:42| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。