2007年02月25日

2007.2.22 隅田・両国の取り組み

隅田川の両岸で、事業が進行中だ。墨田区側の実施地区、両国ではまたしてもアパート事業に参加しない仲間への追い出しの動きがあった。2月15日にはこうした動きを前に東京都第五建設局を追求すべく、近隣から45名もの仲間がかけつけ、当事者の仲間とともに、役人たちに対峙した。その結果、仲間は代替地への移転を認めさせ、とりあえず一方的な追い出しを打ち返すことができた。ひきつづいて22日の撤去の日には、あらためて追い出しを許さない行動が取り組まれた。仲間たちがしっかり次の場所で安心して暮らせるまで、おれたちは応援しつづけるだろう。今回の事態は事業が追い出しでセットであることをまざまざと皆の前にあきらかにした。だからこそ、都庁前の取り組みはますます重要だ。なお、19日、22日の都庁行動は人数や内容に特に変化はないが、この持続こそ力だ。さらに注目を。
posted by 全都実 at 23:39| 強制排除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。