2007年06月01日

緊急署名が呼びかけられています

地域生活移行支援事業(いわゆる3千円アパート事業)で「定期借家契約」が前提とされていることの問題性をめぐって、事業の利用者が原告となって昨年から裁判がたたかわれています。その裁判を「支える会」から、緊急署名が呼びかけられています(第一次集約は6月10日)。こちらの動きにも幅広いご注目とご支援をお願いします。詳細は下記、「支える会」ホームページをご覧ください。
「ホームレス地域生活移行支援事業」裁判を支える会【緊急署名のお願い】
posted by 全都実 at 11:25| ホームレス地域生活移行支援事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

5.10 厚労省行動

「ホームレス特別措置法」の見直し年である今年、勝手な見直しを許してはならないとして、全都実は厚労省への行動を開始する。その第一弾として5月10日、60名の結集で厚労省への申し入れ行動が取り組まれた。この60名の力を背景に、代表団4名は庁舎内へはいり、社会援護局・地域福祉課、職業安定局・就労支援室の担当者に用意した申入書を読み上げたうえ、これを手渡した。
これにつづき6月にも厚労省行動が予定されている。都にとどまらず国に迫る全都実の新たな展開に注目を。

またこれを機に、都庁と新宿中央公園の定例の取り組みうち、木曜の共同炊事をなくし、かわりに木曜を行動日としていきます。
posted by 全都実 at 23:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

5・7名古屋ソフトボール大会

5月7日に名古屋で行われた「第24回 東京・大阪・名古屋 団結ソフトボール大会」に、渋谷・山谷・上野・隅田川から10人の仲間が参加した。チーム名は東京アオカンズ!

●東京アオカンズ珍道中
東京アオカンズはいったん隅田川の協働炊事(この日は八宝菜)で腹ごなしをしてから出発した。
なにしろ希望者の中からくじびきで決めた即席チーム。大阪や名古屋の仲間と交流する前に、車内でまず東京内交流をしなくては。
「隅田川の○○です」「竪川で今追い出しに遭ってる○○です」「自分は昔野球で全国大会出たことあります」…自己紹介から野球経験、昔の仕事のことなどなど、話に花が咲いてあっと言う間に打ち解けてしまう仲間たち。雰囲気上々で名古屋を目指す。
続きを読む(写真追加しました)
posted by 全都実 at 22:28| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

4月30日、野宿者メーデー

2007年4月30日、全都実が独自によびかけた初の野宿者メーデーがとりくまれた。午前11時、新宿、渋谷、池袋、上野、山谷、隅田、堅川など都内各地かた続々と仲間が結集、そしてさまざまな支援も集まり、その数は予想を大きく上回る200名をこえた。仲間は机をひろげ、共同炊事のやりかたで皆で飯を準備し、集会にのぞんだ。
20070430-0.jpgフリーター労組、争団連、「持たざる者」、夜回り三鷹、などの連帯アピールをうけ、さらに各地の仲間の発言を確認、メーデー宣言を発して、デモに出発。
20070430-1.jpg20070430-3.jpg20070430-2.jpg
デモではこの日のための横断幕や仲間自身のメッセージをかいたプラカードをひろげ、かつてない熱気と創意にあふれるデモとなった。
この結集はまぎれもなく、昨年以来の都庁での取り組み、そしてそれと結んだ西部、東部での取り組みの成果である。

メーデー後、渋谷のじれんの総会が西部圏の取り組みを確認する場として開かれ、一方、多くの仲間がフリーター労組がよびかけ、全都実なども賛同する「自由と生存のメーデー」に合流、不安定で不当な労働と生活を強いられている者として、多くの人々とともに声をあげた。
20070430-a.jpg20070430-b.jpg
大阪・長居公園でも「ビンボー・メーデー」が取り組まれた。

この日の成果をあらたな一歩とすべく、全都実は10日、厚生労働省への行動を仲間に提起した。
野宿者の闘いに、ぜひ、さらなる注目を。

posted by 全都実 at 21:43| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

3月26日(月)、29日(木)の行動

 26日月曜日朝の都庁前情宣には約50人が参加してマイクでの訴えと、ビラまき。
 26日夕方の新宿中央公園での共同炊事には約190人ぐらいが参加、29日の150以上が参加、メニューは共にあんかけ。
 お花見の時期のため集まるアルミ缶はいつもよりかなり多い。ちなみにアルミ缶をみんなで持ち寄り、それを売って食材を買っています。
posted by 全都実 at 01:12| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

3月23日(金)大阪市東京事務所に抗議申し入れ行動

07-03-23-008.jpg 3月23日(金)大阪市による野宿の仲間約3500人に対する住民票抹消という許しがたい動きに対して現地では野営闘争など力強い闘いが繰り広げられているが、東京でも大阪の仲間に連帯して闘いが取り組まれた。
 日比谷公園の中にある日比谷公会堂。この中に市政会館があり、大阪市の東京事務所もここに入っている。
 11時に日比谷公園の霞門に集合した全都の野宿者50人以上は、市政会館の方に移動し、用意してきた「抗議並びに申し入れ書」を読み上げて担当者に手渡した。
07-03-23-003.jpg07-03-23-005.jpg07-03-23-006.jpg
 最初は「報告しておきます」と完全になめきった態度だったが、参加した仲間の「公務員としてキチンと受け取る義務があるんじゃないか!」「この問題は大阪だけの問題じゃない、全国の野宿者にかかわるものだ!」という怒りの声の前に、態度を改めざる終えなかった。
 また通行人にこの問題を訴えるビラをまいて支援を訴えていった。

以下、山谷・隅田川・上野でまかれたビラより
===========
大阪の仲間への住民票抹消に抗議行動がたたかわれたぞ!
団結かため、花見のあと、あらたな取り組みを。

 大阪では、釜ヶ崎の解放会館や「ふるさとの家」に住民票をおいている仲間3500名の住民票が抹消されるという、あってはならないことが強行されようとしている。この山谷でも20年前、白手帳をとるには住民票が必要になり、そのために多くの仲間が手帳をとりあげられることになったことを憶えている仲間も多いはずだ。大阪も同様だった。そして、今度は住民票をとりあげる、というのだ。順々に仲間が生きるための手段を奪うという、なんと非道なやりかただろう。これは仲間に死ね、と言っているに等しい。これは野宿の仲間に対す国・行政の根本的な姿勢をしめすものだ。
 大阪の仲間はこう語っている。「命の次に大事な住民票。何十年もほったらかしにしてきて、代わりの場所も用意しないままに抹消は許せん。責任を取ってもらわにゃあかん」。
ビラの続きを読む
posted by 全都実 at 20:40| 全国での取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

2007.3.8 協働炊事

 協働炊事に集まった仲間たちは130人。同じ野宿の仲間たち。いつものように、ともに準備し、ともに食事をする。
 そして、さらに増えるであろう仲間たちのために、2台のテーブルを作った。こういった地味な作業の一つ一つが、仲間のつながりを作り、命を支え合う力となる。
posted by 全都実 at 02:33| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

2007.3.5 都庁前行動と協働炊事

 月曜日は都庁行動の日。朝8時からの情宣行動に集まった仲間は40名以上。大阪市にも劣らない、東京都の野宿者の対する殺人行政ぶりを批判する。
 石原知事は2日の定例記者会見で、低所得者の住民税を免除すると発表したらしい。浅野元宮城県知事が出馬という状況で、選挙対策であるのは見え見えだ。「セーフティーネットが不十分な中で、ゆがんだ税制を放置すれば、社会の安定と活力が失われかねない」だそうだ。だったら、都レベルのセーフティーネットを何とかしたら?生活保護行政は自治体への法定受託事務ですよ?テントの野宿者を排除し、テントすら持たない野宿者には知らんぷり。野宿者への差別感丸出しで、野宿できないよう都の公園条例を改定するとまで言っていた。オリンピック招致や東京マラソンでも野宿の仲間が追い出されている。あんたが本気で貧乏人のことを考えているなんて、誰も思ってないよ。
 都庁前情宣の後の打ち合わせでは、東京西部圏での炊き出しの場所と時間を一覧にしたスケジュール表を作ろうという提案があった。これから野宿の仲間が増える時期。ギリギリのところで生き抜くための炊き出しの情報を、新しい野宿の仲間にも伝えよう。
 夕方からの協働炊事は、強風で人の集まりが悪く、110人強。食後のひととき。この協働炊事も参加者の多くが慣れたので、来週はテーブルを増やして作業をもう一ついれようと相談。
 貧困者、下層労働者、野宿者問題を「マニュフェスト」とやらに具体的に示す都知事候補はいないのかね。まあ、誰が知事になろうと、野宿の仲間たちは支え合って生き抜くしかない。
posted by 全都実 at 23:34| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

今週の全都実

 2月26日(月)朝の都庁行動は約50人の参加。
 同日夕方、及び1日(木)夕方の新宿中央公園での共同炊事にはそれぞれ約170人、約130人の参加があった。メニューはいつものようにあんかけとサラダ。
 3月3日(土)隅田川では月1回行っている衣料放出を行った。12時に隅田川沿い台東区側にある隅田公園に集まった仲間たちはブルーシートを広げ、カンパで送られてきた物資をシャツ、上着、ズボン、などに分けて広げる。そのあとコーヒーで乾杯。実はこのコーヒーの紙コップの底に番号を書いた紙が貼り付けてあるのだ。その順番で一人3点ずつ物資を分けていく、みんなで整理してみんなで分ける。
 やはり下着類やタオル、石けん、歯ブラシなどが人気があり持っていったものは全て無くなった。ブログを呼んでいる皆さん!ぜひカンパを!!
posted by 全都実 at 00:11| 対東京都連続行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

2007.2.22 隅田・両国の取り組み

隅田川の両岸で、事業が進行中だ。墨田区側の実施地区、両国ではまたしてもアパート事業に参加しない仲間への追い出しの動きがあった。2月15日にはこうした動きを前に東京都第五建設局を追求すべく、近隣から45名もの仲間がかけつけ、当事者の仲間とともに、役人たちに対峙した。その結果、仲間は代替地への移転を認めさせ、とりあえず一方的な追い出しを打ち返すことができた。ひきつづいて22日の撤去の日には、あらためて追い出しを許さない行動が取り組まれた。仲間たちがしっかり次の場所で安心して暮らせるまで、おれたちは応援しつづけるだろう。今回の事態は事業が追い出しでセットであることをまざまざと皆の前にあきらかにした。だからこそ、都庁前の取り組みはますます重要だ。なお、19日、22日の都庁行動は人数や内容に特に変化はないが、この持続こそ力だ。さらに注目を。
posted by 全都実 at 23:39| 強制排除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。